未来のグローバル投資インフラを共に作る

フィスコのIRコンサルティング事業本部では、世界中の企業と投資家の経済活動をサポートする、未来のグローバル投資インフラを一緒に作る「仲間」を募集しているようです。
白井一成が代表を務めるシークエッジグループに所属するフィスコは、1968年に創業しました。その後一貫して、上場企業のIRを総合的にサポートしてきたといいます。
インターネット空間における金融情報配信業者として、抜きんでた知名度がある同社。これまでに積み上げてきた確かな実績と信頼、そして強固な顧客基盤と国内外の投資家ネットワークを強みに、企業と投資家を齟齬なく繋ぐIR実務支援の専門家集団とのことです。

フィスコは、次々と変わりゆく時代に、人々の投資、経済行動における決断に欠かせないインテリジェンスを提供するため、いつでも創造と変革を追い求めているそう。そして現在、フィスコは挑戦しようとしています。
それは、今まで培ってきたIR実務サポートの実績や顧客からの信頼などに甘んじることなく、過去の延長線上にはない新しい未来社会から求められるよう、自らの仕事の意義や角割を再定義することだそうです。

プラットフォームビジネスに転換
具体的に、投資をする側と受ける側の懸け橋となる効率的かつ効果的なコミュニケーションの「場(プラットフォーム)」の提供を目標としているといいます。この事業運営は、数多くの上場企業と、機関・個人投資家とを繋ぐ、ただ一つのサービスプラットフォームとのこと。フィスコが作り上げたいのは、企業だけでなく、資産家や消費者を含む世界規模のネットワーク。
IR情報や金融情報の拡散に留まらず、そこから多様なコミュニケーションが誕生し、様々なサービス・事業を創り出すことに繋がるネットワークだといいます。さらに、これらを実現するメディアや仕組みを組み合わせるそう。そうすることで、社会全体の投資意思決定工程の最適化に寄与し、事業活動を通した企業価値の創出に役立てたいと考えているそうです。

新しいインベストメント・エコ・システムの旗振り役へ
そしてフィスコは、サービスプラットフォームの運営を通して、たくさんの会社が持っている様々な課題に対応していくとのこと。
さらに最適投資をスピードアップさせるため、新しいインベストメント・エコ・システムの形成を目指しているそう。このポテンシャルは、決して日本だけのことではなく、特定の国や地域に限定されるものでもないといいます。

世界のありとあらゆる企業と投資家が団結し、世界全体の投資収益率を大きくするために欠かせない、将来性のあるグローバル投資インフラでありたい、会社と投資家間の情報格差を解消する新たなシステムの担い手でありたいと考えているようです。

世界中の投資家と企業の経済活動を繋ぎ、支えていく
これからの社会に欠かせない、世界中の投資家と企業にとってなくてはならない未来のグローバル投資インフラを作っていくというのは、楽しくもあり、やりがいのある試練とのこと。
同社は、長い人生においてそうそう経験できるようなことではないと語っています。新卒者、金融業界経験者・未経験者を問わず、フィスコと共に今後の未来を自分たちの力で切り拓いてみようという人を求めているそうです。
また、業界の限界を打ち破ってやろうという意欲をもった人を、仲間として迎え入れたいと考えているといいます。これは白井一成が代表を務めるシークエッジグループのフィスコの切なる願いとのことです。

新卒採用

IRコンサルティング事業本部では、新卒採用を通年で行っているそう。そのため、適宜選考をしているようです。
HPなどを見て、同事業本部の仕事に興味があるという人は、応募してみてはいかがでしょうか。
新卒は総合職を募集しており、案件ごとにクライアントに合ったオリジナルの提案を実施し、商品、サービスを提供するホールセール業務や、独自の視点でクライアントの企業分析、経営戦略の理解を深めていきます。
そしてクライアントのブランド価値を向上させるIRツールを手掛けていく編集業務など、企業サポートに繋がるような仕事内容とのことです。
配属先は、営業本部やIRコンサルティング事業本部の予定とのこと。研修の後、配属先が決まるそうです。

新卒総合職の応募資格は、大学・大学院卒業見込みの人で、理系・文系は問わないそうです。
勤務時間は配属先によって異なりますが、9:30~18:30が標準時間となっているようです。休日については、土日祝日休みの完全週休2日制。
また、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇があり、ワークライフバランスを取りながら働けるのではないでしょうか。各種保険完備で、健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金があります。

中途採用

シークエッジグループ(代表:白井一成)のフィスコでは、中途採用で多彩な職種を募集しているようです。調査研究職をはじめ、英文編集ライター、在宅勤務も可能なアートディレクター、エディトリアルデザイナーなど多岐にわたります。

・調査研究職
主な仕事内容は、各フィールドにおける政策立案を見据えた調査研究業務です。また、調査、統計分析、インタビュー調査などの報告書を作る業務、調査結果を考慮した事業戦略の企画立案などです。

応募にあたっての必須要件は、自治体・事業者などへのヒアリング調査、アンケート調査、データ分析の経験がある人。また、調査・計画分野の報告書作成能力、数値データの集計・分析能力が問われるようです。
さらにコミュニケーション能力を仕事に活かせる人を求めているとのこと。
学歴については、大卒以上。面接は2~3回実施されるそうです。想定年収は400~1000万円。年俸制で、給与改定は年に1回です。裁量労働制を採用しており、勤務時間は9:30~18:00が標準時間となっています。

休日に関しては、土日休みの完全週休二日、祝日、年末年始、有給、慶弔、リフレッシュ休暇があります。各種保険完備で、健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金があります。以降、基本的に労働時間、休日、保険は同条件です。