未来のグローバル投資インフラを共に作る

フィスコのIRコンサルティング事業本部では、世界中の企業と投資家の経済活動をサポートする、未来のグローバル投資インフラを一緒に作る「仲間」を募集しているようです。
白井一成が代表を務めるシークエッジグループに所属するフィスコは、1968年に創業しました。その後一貫して、上場企業のIRを総合的にサポートしてきたといいます。
インターネット空間における金融情報配信業者として、抜きんでた知名度がある同社。これまでに積み上げてきた確かな実績と信頼、そして強固な顧客基盤と国内外の投資家ネットワークを強みに、企業と投資家を齟齬なく繋ぐIR実務支援の専門家集団とのことです。

フィスコは、次々と変わりゆく時代に、人々の投資、経済行動における決断に欠かせないインテリジェンスを提供するため、いつでも創造と変革を追い求めているそう。そして現在、フィスコは挑戦しようとしています。