投資に役立つ本とは

知識だけでなく成功法も身につけられる投資本

投資を始めるにあたり、いろいろな著者の投資本を読む人も多いのではないでしょうか。証券会社の元アナリストや現役のデイトレーダー、経済学の権威のものなど、さまざまな著書が販売されています。
投資だけでなく会社情報の分析方法やこれまでの経験談など、いろいろ役立つ情報が書かれていますので、活用している人も多いことでしょう。
投資本の中でも特に多いのが、これまでの失敗談や成功談です。どのような方法で失敗し、そこから成功へと導いていったのか詳しく記載されていますので、とても勉強になります。
投資をしているときは失敗することも多く、なぜ失敗を繰り返してしまうのか自分では分析できないこともあります。
そうしたときは企業経営者の経験談を元にした本などを参考にしてみると、解決の糸口が見えてくることもあるのではないでしょうか。

どん底からはいあがった白井一成

経営者の経験談の本も数多く販売されていますが、その中でもシークエッジ・グループを運営する白井一成の著書は参考になります。
親から引き継いだ会社が多額の負債を背負っており、経営危機を招いたところから実業家へと転身し、そこから成功していくサクセスストーリーが描かれています。
今では株式会社フィスコをはじめとする多くのグループ会社を運営していますが、どのようにして事業を始め、飛躍していくのかこと細かに綴られています。
投資がうまくいかないときや仕事がうまくいかないときに、一読してみたい本でもあります。

この白井一成著書の「企業進化ダイナミズム―私はいかにして巨額負債を解消し自律的再生を果たしたか」は、2004年発行と少し前の話ですが、経営の危機にあった企業をV字回復させた例として経営などでも参考になりそうです。父から譲り受け会社のビジネスモデルは崩壊寸前。二世経営者として、不良債権・不良資産・山のような借入金のある会社をどのようにして立て直したのか。資金調達に奮闘し、経営知識を学び、外部のコンサルタントの助けを借りた、自律的再生のお話です。

少し古い本なので、Amazonでは中古品が出品されているようなので興味のある人は注文してみてはいかがでしょうか。それではレビューを紹介しましょう。この本を通して代表が相当勉強して、頭がいいことがひしひし伝わってきたという人もいました。金融に精通していないと、多くの借金をどうすることもできなかったと思う。2代目社長は凄い人だとのこと。今後の活躍に期待と〆られていて、本の内容が充実していたことがうかがえますね。

また、ノンフィクションの本としてなかなか知られることのない現場の空気まで鮮明にわかることからとても面白いというレビューもありました。コンサルから教わった戦略論や投資銀行から教わった財務理論なども載っているそうで、その辺はそこまで整理されていなかったそうですが、一読に値する一冊であるとのことでした。このレビューを書いた人は、理論書として読むのではなくノンフィクションとして読んで面白かった、という事ですね。

他のレビューを見てみると、シークエッジとはなにか?という思いから読み始めたという人は、二代目経営者は読んだ方が良いと言っています。

今まで創業者はすごいと思っていたのですが、歴史ある企業を引き継ぐということのほうが難しく、知力や体力、神経を使うんだと思わせる内容だったということです。読んで感動したと書かれているので、心に響いたのでしょう。

自分に合った投資方法を選ぼ う

まずは自分の性格を見極めること

資産運用で株式投資を行う場合、誰もが利益を得たいと思っているはずです。しかし、現実にはそれほど甘くないのも株式投資です。
株といえば短期間ですぐに儲けられるものと考える人もいますが、株式投資には短期投資や中期投資、長期投資といったように、いろいろな手法があります。
短期で取引を行うデイトレードや数日単位で取引を行うスイングトレードは短期投資にあたりますが、利益が出たらすぐに決断して売却しなくてはなりません。そのため、常にチャートを気にしなくてはならないといったデメリットもあります。また、決断力の弱い人には向いていない投資法といえます。
中長期投資は1日単位のチャートを気にすることはなく、長期的にじっくり資産が増えるのを待たなくてはなりません。そのためチャートの上がり下がりを気にしない忍耐力が必要となります。
このように投資手法によっては求められる力が異なりますので、投資を始める前に自分はどちらのタイプなのかを考え、それから投資方法を決めたほうが良いでしょう。



白井一成の著書で知識をつけよう

自分の性格を見極めることができても、どのような株を買えば良いかは分からないものです。そうした場合は投資の情報誌などを活用すると良いでしょう。
株式会社フィスコの親会社である、シークエッジ・グループの代表をつとめる白井一成が著者となっている企業情報誌を読んでみるのもよいのではないでしょうか。
投資会社の代表なので企業の分析に長けており、どの企業が有力株なのかなどを案内しているのだそうです。

損切りは早めに決断しよう

投資にはマイルールが必要

投資を始めようと株を買うのは簡単ですが、どこで売るかを決めるのはとても難しいといえます。株価が上がっているときよりも下がっているときのほうが、より難しいといえるでしょう。
株価が上がっているときは「もう少し上がるのでは」と踏ん切りがつかないこともあります。逆に下がっているときだと少しでも買値に戻るのを待ちたいと思い、さらに株価が下がってしまうこともあるでしょう。
儲けは少しでも多く損は少しでも減らしたいと、投資をしている人なら誰もが思うものです。しかし少しでも判断が遅れると、儲けが減ったり損が増えるのが投資です。初心者だとなおさらかもしれません。
投資をするなら、最初の段階で買値から何パーセント下がったら損切りするなどルールを決めておくと、少しでも損を減らすことができますが、実際に株価チャートを見ていると、なかなか決断できない人も少なくないようです。
損切りした途端、株価が上昇していくことも実際にありますので、決断がにぶるのも致し方ないことかもしれません。

経営者・白井一成が執筆している投資本

損切りを決断しにくいという人は、株を始める前に企業分析や会社の情報を紹介している企業報などを購入して、勉強してみてはいかがでしょう。
投資会社の株式会社フィスコの親会社を運営している白井一成が監修している企業報は、今現在どの会社が狙い目なのかを分かりやすく分析・説明していて、初心者でも分かりやすい投資情報誌と評判も良いそうです。どの企業の株を購入すれば良いか、迷っている人にもおすすめでしょう。