IR実務サービス

フィスコでは、任意/適時開示情報などのドキュメント作成をはじめ、投資家意識調査(パーセプションスタディ)や説明会関連サービスなど、上場企業のIR実務サポートを展開しているそうです。

個人株主向けIR・SR関連

・個人株主アンケート調査
株主通信などと一緒にアンケートを同封し、株主の属性をはじめ、投資理由、購入時期、株主優待の満足度などを把握。一定期間中に回収したものを分析し、これからのより効果的なIR・SR活動のための企画を提案してくれるそうです。

・個人投資家向け説明会
大きなセミナー・イベントをはじめ、IRコンサルティング事業本部が主催する定期開催の「個人投資家向けセミナー」まで、様々な「個人投資家向け説明会」の開催をサポートし、個人投資家層の拡大を手伝っているようです。

投資先を考えている個人投資家や既存株主に直接業績や事業動向を説明し、投資の検討を促進する効果的な機会だといいます。豊富な投資経験を持つ「フィスコクラブ会員」を集客のメインターゲットに据えているそうですが、説明会には幅広い年齢層の投資家が参加するという特長があるそうです。

・開示書類作成支援
公開買付届出書や株式交換契約書など、企業再編やM&A時における各種法定開示書類を、たくさんの実績をもつ弁護士事務所・会計士事務所と協働して作成するそうです。
作成サービスの対象書類は、公開買付届出書、意見表明報告書、株式交換契約書、公開買付報告書など。

・原稿チェックサービス
金融商品取引法や会社法など、複雑かつ多様化しているディスクロージャー制度について、実務を知り尽くしたIRコンサルティング事業本部専門スタッフが、預かった原稿の確認やその原稿に記載された内容に沿ったアドバイスを行うそうです。

投資家向け意識調査(パーセプションスタディ)

・国内パーセプション調査
国内の機関投資家やアナリストを対象に、第三者の立場からヒアリング取材を実施し、認識度調査を行うそうです。顧客への投資スタンスや経営・IR活動に対するリクエストなどを調査・分析。投資家やアナリストの業界及び顧客に対する認識を把握することで、これからのIR活動の改善やコーポレート・ストーリーの策定に関する助言をしてくれるようです。

・海外パーセプション調査
フィスコでは国内のみならず、海外パーセプション調査を行っています。
外国時株主判明調査に基づいて、顧客株式の運用期間に対して認識度調査を実施。個別訪問先の策定や海外投資家のマーケットコンセンサスを調査・分析するそうです。顧客株式をカバーする可能性のあるファンドマネージャーにコンタクトします。