投資を始める前に気を付けること

まずは投資の知識を身につけよう

最近では景気の上昇に伴い、サラリーマンの収入も上昇傾向にあるようです。とはいえ、今後の社会情勢次第でいつまた景気が悪化するか分からないので、貯蓄に励んでいる人も多いのではないでしょうか。
しかし、超低金利のご時勢にいくら銀行に貯蓄してみても、貯蓄した以上の額に増えることはありません。そのため最近では、貯蓄よりも投資にお金を回す人も増えてきています。

投資を始める場合、いきなり初心者が自分の勘だけで株やFXなどを売買しても、損をする確率の方がはるかに高いでしょう。
まずは投資に対する知識をしっかり蓄え、投資用のツールなどを活用して始めたほうが良いでしょう。有料のツールもあれば無料のものもありますので、最初は無料のツールを利用し、だんだんと知識がついていくにしたがって有料のツールを利用してみるよいのではないでしょうか。

白井一成が率いるフィスコ

投資用のツールは数多くありますが、中でもフィスコが提供している株価予測ツールや調査レポートなどはいかがでしょうか?
フィスコは1995年に設立した投資支援サービスを行っている会社で、株式会社シークエッジのグループ会社です。株式会社シークエッジは白井一成が代表をつとめている投資会社です。

白井一成|実業之日本社

株式会社シークエッジはフィスコだけでなく、他にもさまざまなグループ会社を率いていて、介護事業なども展開しているようです。
投資用ツールを利用したり企業の情報などを入手したいと思うなら、これまで実績を積んできた信頼できる大手投資会社のフィスコを利用してみてはいかがでしょうか。

白井一成が代表を務めているシークエッジのグループ会社のフィスコは、様々な投資市場に対する分析力、経験があり、投資家をサポートする各種金融サービスを提供しています。そのサービス内容について紹介していきましょう。

マーケットリサーチは、国内外の株式、通貨、債券、商品に関連する高度な分析を実施するというもの。1日に平均して約500もの情報(レポート・コメント)をリアルタイムで配信しているサービスとのことです。

サービスは金融法人向けと、個人投資家向けに分かれています。

金融法人向けは専用端末向けリアルタイムサービスで、ロイター社など時事通信社などの専用サービスを通してマーケット情報をスピーディーに伝えるというもの。ファンダメンタルズ、テクニカル、需給といった様々な角度から市場動向・銘柄を分析しているそうです。株式をはじめ、債券・金利、為替の各市場を網羅した情報は、先述した通り1日500本以上にのぼります。刻一刻と変化していく市場の細かなところも見逃さずに伝えてくれるのが特徴と言えるでしょう。

一方Web向け(個人投資家向け)サービスは、銀行やポータルサイト、証券会社、オンライン証券などに向けて、フィスコが準備した情報プラットホームからWebを通して金融情報を配信しているみたいです。
これは、会員のニーズ、用途、目的に合わせてカスタマイズしたコンテンツをWebサイト上で配信することも可能なのだそう。情報を売りにしていますが、膨大な情報全てに目を通せるわけではありませんし、必要な情報と余計な情報を取捨選択するにも時間がかかるので嬉しいサービスですね。

ブラウザがあれば閲覧が可能なので、導入が簡単なところもポイントなのではないでしょうか。システム構築・運用する際には、直接的な費用の他に、アップグレードにかかるお金やシステムに係わる人件費業務上の損失、トラブルシューティングなど“隠れたコスト”とされるものも削減できるソリューションとのこと。

個人投資家向けのリアルタイム情報を、オンライン証券会社などのWebサイト、ポータルサイトで幅広く利用できるそうです。

フィスコでは、個人投資家を対象とした金融サービスや証券サービスを提供しているようです。
1つ目は、フィスコ企業調査レポート。同社のアナリストが作った個人投資家向けの企業レポートが無料で公開されています。企業戦略をはじめ、成長性分析、実行力検証など、投資家が気になるポイントをレポートにしているようです。無料で閲覧できるなら利用しない手はないですね。公式HPに企業レポート一覧があり、PDF形式で公開されています。

「CLUB FISCO(クラブフィスコ)」は会員制の情報販売サービスです。教育講座や様々な投資情報の販売・提供を個人投資家を対象におこなっています。オンラインサービスで、会員登録は無料とのこと。サイトには、銘柄を知り尽くす企業調査レポートとしていくつか無料公開されています。こちらはPDF形式ではないため、スマートフォンからも気軽にアクセスできるのではないでしょうか。空いた時間に気軽に企業研究できるのは嬉しいですね。

「FISCO AI(フィスコAI)」は、白井一成が代表を務めるフィスコ独自のロジックを活用した株価自動予測サービスです。銘柄名・コードを入力するだけでチャートや業績をもとに、買い時・売り時を自動判定してくれるという手軽に扱えるWEBサービスのようです。全銘柄の情報、動向予測、分析ツールを装備しているとのこと。公式HPを見ると10日間無料体験もあるので、試してから導入するということもできそうです。まずは無料で体験できるのは嬉しいところでしょう。